# 作業指示書よりチェックリストを作成

チェックリストは、SAP や WorkMate などの作業管理アプリケーションからインポートされたオブジェクトに基づくことができます。これにより、フィールドに挿入されたすべてのタグに関する情報に効率的にアクセスできます。

目次:

# チェックリストで対象を開く

リビジョンまたはタグから開いている作業指示書に移動し、左側の見出しにあるオブジェクトをクリックします。ソース作業管理システムから取得されたオブジェクトの数が表示されます。チェックリストとして開くをクリックして、作業指示コードで自動的に名前が付けられるチェックリストを作成します。チェックリスト要素ごとに操作 IDが表示されることに注意してください。

もし同僚が既にチェックリストを作成している場合は、そのリストに入ることができます。

オブジェクトを開きチェックリストに移動

# 作業管理システムのチェックリストを用いる

作業が完了したことを文書化するために、チェックリストの PDF バージョンをダウンロードできます。チェックリストのコメントに加えて、PDF には、各チェックリストを誰がいつ最終状態に設定したかに関する情報が含まれています。PDF ドキュメントを添付ファイルとして SAP、Workmate、IFS または同様のツールの作業指示書にアップロードできます。

ダウンロードしたPDFレポートのExport

Last Updated: 12/7/2021, 12:37:02 PM